歯原性菌血症について

うらしま歯ッピーブログ

歯原性菌血症について

こんにちは、歯科衛生士の清水です。
みなさんは、最近、歯周病についてよくTVで取り上げられているのをご覧になったことはございませんか?歯周病がいろんな病気に関連していると・・・
今回は、歯原性菌血症についておはなしさせていただきます。
『菌血症』 とは、本来無菌であるはずの血液中に細菌が認められる状態(細菌が血液中に存在すること)を指します。たとえば出血を伴う歯科治療、産科、外科治療などで菌血症を生じますが、歯科に関連したものを歯原性菌血症とよびます。
むし歯や歯周病を放置していると、歯磨きや食事(咀嚼)だけでも歯原性菌血症が日常的に起きます。これを日常性菌血症
歯石除去や抜歯などの医療行為によっておこるものを医原性菌血症といい、歯原性菌血症にも2種類ありますが、菌血症の発生は圧倒的に、日常性菌血症のほうが回数は多く、歯肉に炎症があり、歯肉から出血する方は、血管への入り口がありそこから歯周病菌が侵入します。よって歯周病の重症化した方ほど重篤です。
菌血症の状態が継続的に起こると、細菌によって血管内壁を弱らせ炎症を起こし、悪玉コレステロールにより炎症を起こした血管内壁にこぶを作ります。典型的な例は動脈硬化です。これを毎日繰り返すと、血液は全身のあらゆる臓器を巡りますので、血管内に入り込んだ細菌による慢性的な炎症により病気の症状を引き起こすことがあります。様々な生活習慣病、全身疾患に歯周病菌が関与しているといわれるのは、上記、歯原性菌血症が原因といわれています。
浦島歯科医院では以前、記事にしたとおり、デンタル・ドラッグ・デリバリーシステム(3DS)を用いて、口腔内の悪玉菌の除菌をしてお口の中の細菌を善玉菌主体に改善するプログラムPRT(ペリオ・リカバリー・トリートメント)も確立しております。
口腔内除菌をすることは歯科医院でないとできません。
まずは、お口の中から全身の健康のことも考えてみませんか?

 

ページ上部へ戻る

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。
tel:078-577-0456メールでのお問い合わせ
診療が混み合っている場合など、必ずしもご希望のお時間にご対応出来ないこともございます。
また内容によりお答え出来ない事項もございますので、予め何卒ご理解の程お願い申しあげます。