歯科治療ガイド

予防歯科

予防はむずかしくありません

年を取って歯がなくなるのは、自然な老化ではなく病気が原因です。お口の主な病気は、むし歯と歯周病です。この二つの病気によって95%の歯が失われています。
では、むし歯と歯周病は予防できないのでしょうか?

実は、ご自分の「かかりやすさ」を知って、それを改善することにより、そのほとんどが簡単に予防できるのです。
歯が痛くなってから、あるいは歯肉が腫れてから治療を受けるのでは、最終的に歯を失う確立が高くなることがわかっています。
当医院では、予防を重視した歯科医療をおこなっています。新しいむし歯ができないように、歯周病を進行させないように患者さんといっしょに努力をします。
何よりも、健康を守るために受診されることをおすすめします。

定期健診(メインテナンス)

メインテナンス=歯を失わいための特効薬

定期的な予防処置を受けることにより、歯を守ることができます。
日本の平均では、中高年では10年間で5本の歯を失っています。
しかし、私達の診療室で定期的な予防処置を受けている方々は、10年間で平均0.5本の歯を失うだけであり、80%の方が10年間に1本の歯も失っていません。

メインテナンスの目的

私たちは患者さんの生涯にわたって、むし歯や歯周病を予防することを考えています。

  • 幼児~小学生:むし歯をつくらない
  • 中学生~20歳代:むし歯、歯肉炎の予防
  • 30歳代~50歳代:むし歯、歯周炎の予防
  • 60歳代~:むし歯(特に歯の根の部分)、歯周炎の予防
    (その他、かみ合わせ、歯並び、歯の摩耗など様々なことに注意しています)

なぜ、歯科では定期管理が大切なのか?

歯科で定期管理のための通院を勧めるのは、なぜでしょう?
病院は、どこか具合が悪くなったときにかかるものです。

病気にならないためには予防が大切ですが、生活習慣病は、食事、睡眠、運動など、偏らない節度ある生活によってかなり予防できます。
感染症は、十分な睡眠のほか、予防接種や身の回りを清潔にすることで予防します。
歯科で定期管理を勧めるのは、歯の病気が慢性のバイオフィルム感染症だからなのです。

バイオフィルムとは、多様なさいきんが高密度に集まって、お互いに影響しあい、支え合って生活している細菌の巨大な集団です。バイオフィルムのなかでは、抗菌剤やからだの免疫の働きが及びません。バイオフィルムを破壊し、除去するには、機械的に掻き取り、こすり取る必要があります。
ビルの下水管をビル管理の会社が定期的に清掃するように、お口のバイオフィルムも定期的な清掃が必要なのです。

ページ上部へ戻る

バイオフィルムとは


バイオフィルムの中では様々な細菌がお互いに協力してどんどん成長します。
さらに、バイオフィルムからは常に浮遊細菌が放出されて他の場所にも悪影響を及ぼします。

バイオフィルムは強力なバリアを持っているので、身体の免疫力や薬剤の効果が細菌まで及びません。
バイオフィルムに対しては、歯科医院でのプロフェッショナルケア(機械的な除去)が最も有効です。

バイオフィルムによっておこるむし歯、歯周病を予防するには、ホームケア(家庭での歯磨き)、
プロフェッショナルケア(歯科 医院でのPMTC)、メインテナンス(定期的な健診とクリーニング)の全てが重要です。

ページ上部へ戻る

お口の中のバイオフィルム:プラーク(歯垢)

お口の中には300~400種類の細菌が住んでいるといわれています。
細菌は密度高く独特の集落をつくり、お互いにコミュニケーションをとりながら抗菌剤にも負けない 強固なバリアをつくります。

歯磨き直後
徹底的に歯磨きをして染色液で染めてみました。細菌は全くいないようにみえます。

歯磨きせずに一日経過
歯磨きをしないで一日たちました。少しずつ細菌が増えてきているのがわかります。

歯磨きせずに三日経過
歯磨きをしないで三日目の状態です。
最初、何もなかったように見えた歯の上にたくさんの細菌がいたことがわかります。

歯の表面のバイオフィルム(プラーク)を全て歯ブラシで取り除くことはとても難しいことです。
歯の小さな窪みやシワの間、歯と歯の間、歯と歯肉の間(歯肉溝、歯周ポケット)のバイオフィルムは定期健診の際に徹底的にクリーニングします。

歯の上にみられるバイオフィルム(プラーク)

ページ上部へ戻る

定期健診にすること

ホームケアのチェック
>ご家庭での歯磨きで磨き残しがないかどうか調べます。
毎回、普段お使いの歯ブラシや歯間ブラシをお持ち下さい。

健康状態や生活環境のチェック
私達の歯科医院では長期にわたってメインテナンスを受けていただき、患者さんの健康状態や生活環境が変わった場合に適切なアドバイスをいたします。

むし歯や歯周病のチェック
新たなむし歯や詰め物が壊れていないか、歯周病の再発がないかを詳しく調べます。もし、問題が見つかった場合は適切な処置を早めにいたします。

徹底的なクリーニング
ご自分では除去できない歯の小さな窪み、歯と歯の間、歯と歯肉の間、歯周ポケット内などのバイオフィルムを、器具を使ってクリーニングします。

メインテナンス間隔の決定
ホームケアの状態、健康状態、歯周組織の状態などを総合的に判断して、むし歯と歯周病を予防するための最も適切なメインテナンスの間隔を決めます。

ページ上部へ戻る

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。
tel:078-577-0456メールでのお問い合わせ
診療が混み合っている場合など、必ずしもご希望のお時間にご対応出来ないこともございます。
また内容によりお答え出来ない事項もございますので、予め何卒ご理解の程お願い申しあげます。