顎関節症について①

浦島歯科便り

顎関節症について①

顎を動かすと痛い、カクンと音がする、口が大きく開かない、噛みあわせがうまくいかない・・・・。これらは顎関節症と言われる症状で悩んでいる方も意外に多いのです。
あごだから歯科医院では治らないのでは・・・とあきらめずにまずお気軽に受診ください。

【その1】顎を動かすと痛い

痛む場所は耳の前の顎関節あたりが多いのですが、初期には顔の側面から頭まで痛むように感じることも。頭痛と感じる人もいますし、肩こり、腰痛、手指のしびれを伴う場合もあります。

【その2】顎を動かす時、音がする

口を開ける時カクンと音がする人はたくさんいますが、痛みがなく何年たっても変化がない場合は、障害がひどくなることはなさそう。注意したいのは変化していく音・だんだん大きく響くようになったり、「ザラザラ」「ギシギシ」という音が出る場合は、顎関節症が考えられます。

【その3】あまり大きく口が開かない

顎を動かすことで痛みが出るため、無意識のうちに周囲の筋肉も顎を動かさないように抑えてしまい、口が開きにくくなります。また、関節内部に動きを制限するような組織の変形が起きることもあります。

【その4】急に噛み合わせが変化した

関節や筋肉に問題があると、それらが動かしている顎の動きを変えるので、噛み合わせた時の歯の接触位置も変わります。また噛み合わせ自体は変化していなくても、痛みによって脳に伝わる感覚に変化が起こり、噛み合わせが変わったと感じることもあります。 

ページ上部へ戻る

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。
tel:078-577-0456メールでのお問い合わせ
診療が混み合っている場合など、必ずしもご希望のお時間にご対応出来ないこともございます。
また内容によりお答え出来ない事項もございますので、予め何卒ご理解の程お願い申しあげます。