齲蝕(うしょく)

浦島歯科便り

齲蝕(うしょく)

一般に永久歯は乳歯に比べて丈夫で、とくに歯の表面の硬いエナメル質は乳歯の倍ほどの厚さで石灰化が強く、さまざまな外界の刺激に抵抗できるようになっています。むし歯の進行も乳歯ほど早くはありません。しかし、個人差もあり、また食生活の変化などの影響もあって、一概には言えません。
むし歯は、物を食べてからむし歯のバイ菌が3分くらいしてから食べかすを腐らせ、すっぱい酸にして30分くらいの間にこの酸が歯を溶かして作られると考えられています。むし歯の進行も乳歯に比べておおむね遅く、重篤な状態になりやすいのです。
成人期では、どちらかというと歯の表面よりは歯と歯の間で歯肉(隣接面歯頚部)など見つけにくい場所に多く見られ、しかも進行した状態で発見されることが多く、自己チェックが不十分になるようです。
さらに、一度つめたりかぶせたりした歯は、二度とむし歯にならないという誤った安心感などから、手入れを怠り、再びむし歯(二次齲蝕と呼ばれます)になってしまうこともあります。また、神経が死んでしまった歯(無髄歯と呼ばれますは)、痛みの症状が現れにくいので疾患の進行に気づかず、一般に多忙で無症状であれば放置する傾向があるため、かなり進行した状態で発見されことも少なくありません。あまりひどい場合には歯を抜かなければならなくなってしまうこともあります。
また、歯周病などによって歯肉が下がって、歯の根のセメント質という部分が露出してしまうことなどにより、そこにむし歯を作りはじめてしまう時期でもあります。
今後二度と生え代わることがなく、また自然治癒力のない永久歯のむし歯の進行を少しでも遅らせ、人間の寿命の延長に伴って、歯も長生きしてもらう必要性があります。

ページ上部へ戻る

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。
tel:078-577-0456メールでのお問い合わせ
診療が混み合っている場合など、必ずしもご希望のお時間にご対応出来ないこともございます。
また内容によりお答え出来ない事項もございますので、予め何卒ご理解の程お願い申しあげます。