「歯のはえはじめ」について

うらしま歯ッピーブログ

「歯のはえはじめ」について

こんにちは!衛生士の林です。前回に続きもう少し大きくなってきた赤ちゃんのお口とお母さんに診てて欲しいポイントをお伝えします。
まず萌える時の兆候として、しきりにお口に物を運んで噛もうとします。
萌出時期としては生後約6カ月頃くらいに下の前歯から萌出し始めます。その時、歯牙の回りの歯肉が赤くなって痛がり触られるのも嫌がる事もありますが、これは萌出に伴う一時的な症状です。
歯の萌出と同時によだれの量も多くなる事がありますが、これも一時的なものなので心配ありません。
ただし1才3か月頃になっても未萌出の場合は、一度歯科医院で診てもらった方がいいでしょう。
歯牙が萌えるとハミガキは必要になります。でも無理に嫌がるのをおさえつけて磨くなどは控えて、お遊び程度で大丈夫です。
この頃同時にハミガキを生活習慣の中に入れる事を目標にしましょう。赤ちゃんが何でも口に入れたがる時から歯ブラシをもたせましょう。

☆ブラッシング時のPoint☆
・機嫌がいい時、眠くない時を選びましょう。
・お母さんの膝の上で寝かせてお口の中をよく見て下さい。
・楽しく、優しく軽い力でこすって下さい。
・歌ってしてあげてもいいですよ。
・小さめの歯ブラシを選びましょう。
・歯磨剤はなくても大丈夫です。
・お母さんの気持ちの落ち着いてる時にスキンシップのつもりでしてみて下さい。 

ページ上部へ戻る

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。
tel:078-577-0456メールでのお問い合わせ
診療が混み合っている場合など、必ずしもご希望のお時間にご対応出来ないこともございます。
また内容によりお答え出来ない事項もございますので、予め何卒ご理解の程お願い申しあげます。