タバコをやめよう~⑤世界に広がる禁煙の動き~

浦島歯科便り

タバコをやめよう~⑤世界に広がる禁煙の動き~

禁煙運動や世界各国でのタバコに対する規制の動きは、大きな広がりを見せています。

WHO(世界保健機構)は、5月31日を「世界禁煙デー」に定めています。世界禁煙デーは、タバコを吸わないことが一般的な社会習慣になるように、加盟各国がさまざまな対策を行うために、1988年に設けられました。

日本でも、1992年から世界禁煙デーに始まる一週間を「禁煙週間」と定め、各種の週間行事を実施しています。

2003年WHO総会で採択された、たばこ規制枠組条約(たばこに対する国際法律)は2005年2月27日に発効されました。

その内容は、①たばこ広告の全面禁止②「ライト」や「マイルド」のような健康への影響が誤解されるような表現の規制③箱の30%~50%のスペースで具体的な警告表示を実施すること④未成年がたばこの自動販売機を利用できないような措置をとることなどが制定されました。

外国のタバコ警告表示:カナダの例

警告
タバコは、口腔の病気を引き起こします。
喫煙は口腔ガン、歯周病、歯の喪失の原因となります。
カナダ政府

カナダでは、タバコのパッケージの表面50%を警告表示に使う事を義務づけられています。内容は、歯周病をはじめとする口腔疾患に対する情報が記されており、さらに詳しい情報が内箱の表面に記載されています。

ページ上部へ戻る

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。
tel:078-577-0456メールでのお問い合わせ
診療が混み合っている場合など、必ずしもご希望のお時間にご対応出来ないこともございます。
また内容によりお答え出来ない事項もございますので、予め何卒ご理解の程お願い申しあげます。