パーフェクトペリオ

パーフェクトペリオ

ご存知ですか?多くの日本人が侵されている恐怖の病に・・・

今、あなたは楽しく食事をし、家族や友人と会話を楽しみ日常をお過ごしのことかと思います。しかし現実には、私たち歯科医療の立場から見て、毎日数多くの患者さまが来院し、その多くの人が、歯を失い、それら当たり前の生活が失われていく姿を残念ながら多く目にします。
今、日本人の約80%が、自分では気づくことができない恐ろしい病にかかっているといわれています。それが、歯周病です。

左の図をご覧ください。
なんと、80歳になった日本人の平均の歯の本数は、約7本しか残っていないのが現状なのです。まともに食事を楽しめる最低限の本数は20本必要であると言われており、ほとんどの方が、60歳以降、自分の歯で食事を楽しめなくなる、とも言えるのです。

今、あなたは楽しく食事をし、家族や友人と会話を楽しみ日常をお過ごしのことかと思います。しかし現実には、私たち歯科医療の立場から見て、毎日数多くの患者さまが来院し、その多くの人が、歯を失い、それら当たり前の生活が失われていく姿を残念ながら多く目にします。
今、日本人の約80%が、自分では気づくことができない恐ろしい病にかかっているといわれています。それが、歯周病です。

あなたが歯を失っていく原因 ~歯周病原因菌~

多くの人が知らず知らずに歯を失う原因は、目には見えない所に存在します。それはミクロの世界、そう「細菌」が少しずつ少しずつその症状を作り出していき、気付いたときには既に手遅れになるというサイクルを生み出すためです。では、その原因となる細菌とはどのようなものか?

「自分には関係ないや・・・」と考えているほとんどの人から、しっかりとした対策を行っている場合に、上のような細菌の塊が見られます。
 このような目には見えない原因菌が、あなたのお口の中には数多く潜んでいるのです。
症状が進行し、歯を失う前に、できるだけ早く、この原因を徹底的に除去し、コントロールすることが、あなたが一生涯、自分の歯で美味しい食事と楽しい会話や生活を営む上での大変重要なポイントとなります。

そこで、この原因菌である、「歯周病菌」の特徴をまとめると以下のようになります。

・歯周病は唾液感染(家族親子間・夫婦間・身近な方からの観戦)
・歯周病原菌は歯周ポケットと舌にいる
・歯周病は細菌感染と内毒素アレルギーによるものです
・歯周病原菌は、白血球からの攻撃をうまくのがれている
・歯周病は、生命を脅かす疾患の原因となるうる

では、この目には見えない敵とどのようにして立ち向かえばよいのでしょうか?
その答えが、これからご説明する「パーフェクトペリオ」の活用なのです。

パーフェクトペリオを使用すれば…

これまでの歯周病に対する歯科治療としてのアプローチは、歯周病菌が潜むプラーク、つまり歯石を取り除く、という方法が一般的でした。しかし、汚れを取り除いたとしても、ミクロレベルの細菌を完全に除去することはできず、また再発のリスクを抱え続けるしかありませんでした。

しかし、この目には見えない原因菌を根本的に「除菌」することを可能にする、画期的な仕組みが先進歯科医療の研究により開発されました。それが、高純度HCLO口腔機能水

「パーフェクトペリオ」です。

一般的に、人間は怪我をすると血が出ます。そして血液の中にある白血球が外から侵入するバイ菌を食い止め、破壊して傷を治していきます。その時に、白血球がバイ菌を退治するのに利用している物質、それがHCLO(次亜塩素酸)です。
パーフェクトペリオは、このHCLO(次亜塩素酸)を高純度に含む水であり、また度重なる検査の上、食品添加物として認可される安全性を有するとても効果的な機能水なのです。

耐性菌や副作用を最大限に抑えました。

酸性ではないため歯が溶ける心配がございません。

強い殺菌力を有しながら、安全性が高く(財)日本食品分析センターによる各種検査をクリアーし食品添加物として認可されています。

パーフェクトペリオを歯周治療に利用し、徹底的に口腔内の歯周病菌のコントロールを行い、また家庭でのハミガキなどにしっかりと活用することで、一生涯、歯を失うリスクとは無縁の生活を手に入れることを可能にします。

一生涯、ご自分の歯を健康に保ち
今の歯をこれ以上失いたくないという方は、是非一度、当院にご相談ください

当院では、このパーフェクトペリオを活用した、歯周病根本治療を院内の専門歯科衛生士がまたご家庭でリスクコントロールを行うためのホームメンテナンスキットもご用意しております。

健康の維持は、まずしっかりと自分自身の持つリスクを把握し、そのリスクに対する適格な対策を講じることです。

当院では、あなたのお口を一生涯お守りするためのメンテナンスメニューや検査を用意しております。
詳しい資料やご説明を必要とされる方は、是非お気軽に当院までご相談ください。

ページ上部へ戻る

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。
tel:078-577-0456メールでのお問い合わせ
診療が混み合っている場合など、必ずしもご希望のお時間にご対応出来ないこともございます。
また内容によりお答え出来ない事項もございますので、予め何卒ご理解の程お願い申しあげます。