キシリトール知っている?

うらしま歯ッピーブログ

キシリトール知っている?

こんにちは!お久しぶりです。衛生士の林です。
今回は前回に引き続いて‥‥
『キシリトールと唾液の関係、効果的なキシリトールの使い方』を、お話していきたいと思います。
まず「キシリトールと唾液の関係」についてです。キシリトールには独特の清涼感があり、お口の中で唾液分泌を促進させる働きがあります。その働きを利用し、溜まった唾液を最低2分間くらいは飲み込まずに、お口の中でぐるぐる回してみて下さい。
これはキシリトールをまんべんなく行き渡らせ、お口の中全ての虫歯菌(ミュータンス菌)の数を少なくするためです。さらに、唾液の分泌も促すので、再石灰化促進にもなり、歯を強くする。という効果も得られます。
皆様、もし、召し上がられる時はなるべく唾液はすぐに飲み込まないようにしてみて、より高い効果を出してあげましょうね☆
続いて「効果的なキシリトールの使い方」についてをお話したいと思います。
まず、選ぶ基準としては、甘味料の内わけ50%以上がキシリトールであること、もしくは全体の割合でキシリトール含有がほとんどである物です。含有量が多いほど予防効果は高くなります。ちなみに、厚生労働省が定めた特定保健用食品として登録されている製品であれば問題ありません。
キシリトールを毎日、2~3年摂り続けるとことで虫歯菌の除菌的効果が現れ、その後も効果が持続されやすくなります。除菌効果が現れれば、当然虫歯になり難いお口の状態にもなっている事になります(^_^)
摂取するタイミングとして、食事、間食の度に摂取すれば、より効果的です!ただ、歯磨きの後の飲食はしない方がいいので、キシリトールの使用は歯磨き前をおススメします。そして、フッ素入り歯磨剤等の併用で、より高い効果が期待できます。

ページ上部へ戻る

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。
tel:078-577-0456メールでのお問い合わせ
診療が混み合っている場合など、必ずしもご希望のお時間にご対応出来ないこともございます。
また内容によりお答え出来ない事項もございますので、予め何卒ご理解の程お願い申しあげます。