失くしてしまった歯の治療

うらしま歯ッピーブログ

失くしてしまった歯の治療

こんにちは、TCの山本です。
みなさん、虫歯や歯周病などで歯を失くしてしまってそのままになっていませんか?
今回は失くしてしまった歯の治療について少しお話させていただこうとおもいます。
人間はサメのように歯が何度も生えてくることはありません。乳歯から生え変わった永久歯が抜けてしまうと何か代わりのもので補う必要性があり、そのままにしておくと噛みあわせている対合の歯が伸びてきたり両隣の歯が倒れてきたりとその後の歯並びや噛み合わせに悪影響を及ぼしてしまうことがあります。そこで補うための治療ですが
1.両隣に針金を引っかけて取り外しする入れ歯を入れる
2.両隣の歯を削ってブリッジとして繋ぎ合わせた被せ物をいれる
3.両隣はさわらずに、失くしたところに人工的な歯、インプラントをいれる
といったいずれかからお口の中の状況に合ったベストな方法を選択していくことになります。1.2.は保険の範囲での治療が可能ですが、両隣の歯に負担がかかってしまいます.
3.は保険外の自費治療となりますが、失くした部分のみをさわるので他の歯に負担をかけることもなく、今オススメできる一番最高な治療となります。ただし、誰にでも・・・というわけでわなくその方の骨の状態やお体の状態などによってはオススメできない場合もあります。
どの治療にも、メリット、デメリットがありますが、失くしたまま放置するのではなく、きちんと選択して治療することが大切だと思います。
気になる事がございましたらいつでもお声かけて下さいネ。

ページ上部へ戻る

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。
tel:078-577-0456メールでのお問い合わせ
診療が混み合っている場合など、必ずしもご希望のお時間にご対応出来ないこともございます。
また内容によりお答え出来ない事項もございますので、予め何卒ご理解の程お願い申しあげます。