知って得する歯磨剤の有効成分

うらしま歯ッピーブログ

知って得する歯磨剤の有効成分

歯科衛生士の山口です。今回は歯磨剤のお話をしたいと思います。
歯ブラシで歯についた細菌を擦り落とすのが歯磨きの大前提なので、歯磨き剤は無くても良い!と言う考え方も出来ます。ただし含まれる成分が歯や歯ぐきに役立つ効能の影響があるのも事実です。どうせ使うなら自分に合った歯磨剤を選んでみましょう。歯磨剤に含まれている有効成分の代表的なものをいくつかご紹介します。
硝酸カリウム→歯の知覚過敏を抑える。
フッ化ナトリウム・モノフルオロリン酸ナトリウム→虫歯予防に効果あり。虫歯菌のつくり出す酸に対して抵抗力を持つようになる。
炭酸カルシウム→歯の表面の汚れを落とす研磨剤。歯に傷をつける程、大量には入っていません。
過酸化尿素→ホームホワイトニングに使われる物と同じ成分。これだけでホワイトニングをするのではなく、ホワイトニングした歯の維持の為に使われます。
トリクロサン・チモール→虫歯や歯周病菌の炎症予防などの殺菌剤として使われます。
サリチル酸メチル→歯ぐきの炎症などを抑える消炎作用があります。
ユーカリプトール→歯肉炎などの炎症や痛みを抑えたり歯肉炎予防の作用があります。
歯磨剤と同様に洗口剤(うがいタイプ)にも、さまざまな有効成分が含まれています。それぞれの目的に合った製品を使用することで、よりお口の中の健康が増すのです。
浦島歯科医院では、安全性が高く殺菌効果も高いパーフェクトぺリオもおススメしています。口臭や歯周病の予防、歯周病の進行抑制にとても効果的です。お口の中の2大疾病である、虫歯と歯周病はどちらもお口の中の細菌が原因です。歯磨剤を上手に選ぶことや洗口剤を上手に利用することでお口の中の健康を維持してゆきましょう。

ページ上部へ戻る

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。
tel:078-577-0456メールでのお問い合わせ
診療が混み合っている場合など、必ずしもご希望のお時間にご対応出来ないこともございます。
また内容によりお答え出来ない事項もございますので、予め何卒ご理解の程お願い申しあげます。