赤ちゃんの口の中のばい菌

うらしま歯ッピーブログ

赤ちゃんの口の中のばい菌

「赤ちゃんのお口の中のばい菌」こんにちは。歯科衛生士の林です。今日は、「ばい菌」について少しお話したいと思います。
お口の中はばい菌の住処です。いつも住み着いているばい菌を常在菌と言います。常在菌には、大腸菌、乳酸桿菌、ミュータンス菌」、スピロヘータなど様々な種類の菌が存在します。これらの菌は歯牙萌出に伴い歯牙に付着した汚れを栄養にして歯と歯の間や歯と歯茎の境目付近で増えます。菌は互いにバランス保ちながら成長と共に量や種類が安定してきますが、赤ちゃんのお口の中はまだ安定しておらずちょっとしたことでバランスが崩れカビが生えたりもします。そんなばい菌が

増えるとき…不潔な時「食べかす等は菌の繁殖に最適です。

発熱時「お口の温度も高くなり増えます。」

予防策は…清潔にしてあげましょう。「歯磨き、うがいの習慣化。」

食事「だらだらと与えないこと。」

スポーツドリンクは体の水分を補ってくれますがブドウ糖など糖分がたくさん加えられており虫歯を作りやすいので脱水症状などの症状がある時の水分補給に、イオン飲料と共に飲ませるようにしてあげましょう。

それは乳酸飲料も同じです。

次回は歯牙の生え方についてお話したいと思います。

ページ上部へ戻る

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。
tel:078-577-0456メールでのお問い合わせ
診療が混み合っている場合など、必ずしもご希望のお時間にご対応出来ないこともございます。
また内容によりお答え出来ない事項もございますので、予め何卒ご理解の程お願い申しあげます。