ドライマウスについて

うらしま歯ッピーブログ

ドライマウスについて

最近 テレビでもよく取り上げられている『ドライマウス』についてお話します。ドライマウスとは、様々な原因で唾液の分泌量が減りお口の中が乾燥する病気です。糖尿病や腎不全などの病気がきっかけで起こることもあれば、ストレスやお口の周りの筋力の低下やお薬の副作用で起こることもあります。ドライマウスはお口のねばつきや舌の痛み、口臭の原因になります。
乾いた食品が食べ辛くなったり、食べ物が上手く飲み込み辛くなったりします。また、通常より感染症に罹りやすいのでむし歯や歯周病が多発したり誤嚥性肺炎のきっかけになることもあります。
近年、ドライマウスの患者さんは増加の傾向にあると言われています。さて、ドライマウスを予防するにはどのような方法があるのでしょうか。

① 口の中を清潔に保ち保湿する。
保湿剤配合のガムを噛んだり保湿剤配合のデンタルリンスなどを使用する。シュガーレスやキシリトール配合の物を選ぶと安心です。
②毎日の食生活を正す
普段から食事の際にはよく噛み咀しゃく回数を増やすことを心掛けましょう。酸味のある食べ物で口の中を刺激するのも効果的です。
③生活習慣を改善する
お酒はほどほどにする。タバコはやめるなど唾液分泌を妨げるものは控えましょう。④ストレスをためない生活を心掛ける
精神的に緊張するとそれだけでも唾液は出にくくなります。気持ちをリラックスさせる事も大切です。

歯科衛生士 山口玲子

ページ上部へ戻る

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。
tel:078-577-0456メールでのお問い合わせ
診療が混み合っている場合など、必ずしもご希望のお時間にご対応出来ないこともございます。
また内容によりお答え出来ない事項もございますので、予め何卒ご理解の程お願い申しあげます。