タバコをやめよう~①健康を損なうタバコ~

浦島歯科便り

タバコをやめよう~①健康を損なうタバコ~

WHO の調べによると、タバコに関連した病気で死亡する人は 1999 年意は 400 万人でしたが、 2003 年には 70 万人に増え、 470 万人になっています。そしてこのままの状態で推移すれば、 21 世紀のはじめの 20 年間に 1 億 5000 万人の命がタバコによって失われ、そのうち約 70 %を発展途上国の人々が占めるだろう、と予測しています。

現在、先進諸国ではタバコを吸う人が次第に少なくなっています。日本でも長期的に見ると、喫煙総人口は一時期を除きゆるやかに減少しています。しかし「国民栄養の現状」( 2001 年国民栄養調査結果、厚生労働省)によると、成人の喫煙率は、男性で 45.9 %、女性で 9.9 %と先進諸国の中では非常に高い率を示しています。特に女性の喫煙率は、 40 代以下は増加傾向にあり、 20 歳代(喫煙率 16.1 %)では、この 10 年余りで倍増となっているのは憂うべきことです。

タバコはさまざまなガンの原因になり、とくに口腔ガン、食道、喉頭、そして肺ガンによる死亡危険度が大変高くなります。また、胃ガン、肝臓ガン、すい臓ガンなどでも、弱い因果関係が見られます。さらに大腸ガンや乳ガンなど、これまで関連がないと考えられていたガンについても、最近では関連があるのではないかという議論があります。

ページ上部へ戻る

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。
tel:078-577-0456メールでのお問い合わせ
診療が混み合っている場合など、必ずしもご希望のお時間にご対応出来ないこともございます。
また内容によりお答え出来ない事項もございますので、予め何卒ご理解の程お願い申しあげます。