歯ブラシについて

浦島歯科便り

歯ブラシについて

歯や歯ぐきの病気を予防する為に、私達は歯を磨きます。その際歯ブラシはとても大切な役割を果たしてくれる道具です。各メーカー毎にさまざまな研究、開発がなされ市場には多くの歯ブラシが出回っています。今回はそんな歯ブラシについて解説したいと思います

①毛の材質…ナイロンと飽和ポリエステル樹脂の2種類あります。飽和ポリエステル材の方が耐久性に優れているようです。

②毛の硬さ…硬め、普通、軟らかめがあります。用途によって使いわけをすると良いでしょう。同じ硬さの歯ブラシでも毛先が長いと使用した際には少し軟らかく感じるようです。

③毛先処理の方法…フラット・ラウンドカット・テーパード・フラットテーパード・斜め・先端極細加工・球状の7種類程度あります。フラットとラウンドカットは歯の面に接触する面積が大きいので歯垢をしっかり除去してくれます。他の5種類は先端が細いので歯と歯の隙間や歯と歯茎の隙間のプラークを除去しやすいと言われています。ヘッドの形態(お口に入る部分の形)にはスクエアタイプと先細タイプとオーバルタイプがあります。スクエアタイプは歯のつけ根が磨き易く、先細タイプは部分磨きがやり易い、オーバルタイプは小さな口の女性に適しています。私達が患者さんに歯ブラシをおススメする際には、次の事を基本に考えています。

①歯列が正常で炎症が殆んどない⇒ラウンドカット普通タイプ

②歯肉が薄くて傷つきやすい⇒ラウンドカット軟らかめタイプ

③歯垢が多量に付着している。上下で噛み合ってない歯がある⇒ラウンドカット硬めタイプ

④修復物(詰め物、被せ物)が多く、歯肉に腫れがある、わずかに口臭がある⇒テーパード加工

などです。

目的に合った歯ブラシや状況に合った歯ブラシを選ぶと清掃効果も上がります。現在お使いの歯ブラシに満足されていない方は、是非歯科衛生士にご相談下さい。

 

ページ上部へ戻る

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。
tel:078-577-0456メールでのお問い合わせ
診療が混み合っている場合など、必ずしもご希望のお時間にご対応出来ないこともございます。
また内容によりお答え出来ない事項もございますので、予め何卒ご理解の程お願い申しあげます。